PROFILE
プロフィール
INTERVIEW
インタビュー
GALLERY
PHOTO & MOVIE
川本 有哉Yuya Kawamoto
1991年大阪府出身
京都産業大学法学部卒業。一般企業への就職を経て、京都の老舗鞄メーカー河本商店の師匠に弟子入りする。現在は、「お客様の生活をサポートできる鞄を作りたい」という思いから、自身の鞄ブランド「かばんばか」を立ち上げ、デザインを含めた運営における全てを行っている。

かばんばかHPはこちら>>

1日のスケジュール>>
職人’s favorite>>
今コレがキテる

鞄作りですね(笑)
PLAY LIST ♫

あんまり音楽聴かないんですけど、「B’z」ですね。

鞄職人になるまで
自分で鞄を作るとかは全然思ってなかったです

学生時代はデザインやものづくりとは違う勉強をされていたようですが、どうして鞄職人を目指すようになったんですか?
僕の通っていた大学には、法学部や経済学部といった無難な学部があって、卒業したら普通に就職するっていうのが一般的な流れでした。僕もその流れに乗って一旦は普通に就職したんですけど、それを辞めて鞄やろうと思って。で、今に至った感じですね。

鞄をやろうって思ったきっかけがあったんですか?
インド旅してる時に鞄作りたいなって思って(笑)観光目的の一週間くらいの旅行で、特に何も考えずに行ったんですけど、気がついたら鞄を作っていました(笑)

元々鞄作りには興味があったんですか?
いや、家庭科の成績がそれこそ1とかで、裁縫とかめっちゃ苦手で、自分で鞄を作るとかは全然思ってなかったです。最初はデザインをできたらいいかなと思ってたんですけど、でもデザインしようにも、パタンナーって言って設計の人に注文しないとダメじゃないですか。ということは結局自分でデザインもしてパターンもできないと、注文の仕方もよくわからないですし、そこでまた変にお金がかかっても嫌だなと思ったんです。じゃあ一回自分で作ってみないといけないなって思って、そうこうしてたらもう自分でやったほうが早いなってなったんです。それで鞄作ろうって。

鞄作りの工程を一貫して自身でやってしまおうということですね。
そうです。一般的には鞄のデザインをするデザイナーと、設計してパターンを起こすパタンナーと、鞄を裁断して縫製する鞄職人と、販売を行うショップ店員の人の4つのパートに分かれて仕事をされていると思います。僕の場合はもうその辺を全部すっ飛ばしてバーっと一貫して自分でやってます。だから、本当に今だったらどんな鞄でも作れますね。

なるほど。鞄作りの一切を師匠から学んでいると。その師匠の元に弟子入りをした経緯を聞かせてもらえますか?
弟子入りはけっこうビックリするような感じで(笑)師匠が鞄を作っているっていうのをネットでみつけて、バッて来て、鞄作りたいですって言ったら、「食っていきたいんか?」って聞かれて、食べていきたいですって返したら、「ああそうか。じゃあいつでも良いし、俺んとこ来いよ」って言っていただいて、会ってその日に弟子入りが決まりましたね。でも逆に不安じゃないですか?(笑)いつ来ても良いっていうことは、明日でも良いのかなって。で、明日でも良いのかなと思って聞いたら、「おお明日でもええよ。はよ来いよ。」みたいな感じなんですよ(笑)まあ、その時はまだ仕事をしていたので、次の日からは無理だったんですけど、仕事を辞めてからすぐここに来ました。正式に来始めたのが2016年の2月で、そこからお世話になってます。

仕事を辞めると言った時はご家族から反対されませんでしたか?
もう先に辞めときました(笑)そりゃ反対されますしね。今となってはもう若干諦めの境地に来ました(笑)年末も実家に帰ってたんですけど、別にそれほどネガティブな感じじゃなかったので、意外に大丈夫そうだなって思いましたね(笑)

全く収入面での見通しなしに弟子入りされたのですか?
全くなかったですね。貯金を切り崩して生活してました。しかも、最初2、3ヶ月くらいは、ずっとミシンを踏む練習で、収入はありませんでした。いろいろ考えても仕方ないんで、もうやるしかないなって感じですね。

職人としての学び
ひたすらやる。やって体で覚えるしかないんです。

弟子入りして最初はずっとミシンの練習だったんですよね。
はい。一針一針縫っていくんですけど、これがけっこう難しいんですよ。これを上手にできないと、直線でもブレたりしますし、曲線の部分だと、一針一針縫わないと、直進してしまって針穴が付いちゃうんです。革って針穴が付いたら結構目立つので、もう商品にならないんですよ。だから最初にミシンを徹底して練習するんです。これは本当にコツとかあんまりないんですよ。自分でずっとやって慣れていかないとわからないんです。自転車も最初乗り方わからないじゃないですか。これもそんな感じで、やって体で覚えるしかないんです。これができるようになってきたら、注文をいただいて、この鞄はどうやって作っていったら良いのだろうかと設計の部分を考えたりとか、デザインの勉強も含めてそういうことを全部同時並行で走りながらやっていましたね。

ミシンの他にも苦労したことはありますか?
あとは、裁断とか糊付けとか漉き(すき)とか色々あるんですけど、その辺は実践しながら覚えていくって感じです。といっても気をつけないといけないところもあって、例えば革だったら表面に傷のあるところを使ったらいけないとか。自然のものなので牛とかだったら蚊に刺されたりしたら穴が開くんですよ。馬革も使ってるんですけど、競走馬の馬革ってけっこう体に傷があるので、傷のない部分をどうやって効率よくとっていくかっていうのを考えないと、ロスがどんどん出てしまいます。工房にも革の残りがいっぱいあるんですけど、あれは師匠が50年間やってて残ってるものなんです。そういうのも含めるとけっこう色々勉強していかないといけないことがあるんですけど、それもやりつつこうやって製品として形にできるようにはなってきましたね。

師匠はどんな方ですか?
鞄を作ってる人ってけっこういるんですけど、やっぱり師匠が1番だと思います。全盛期の頃は1年で20万個作ってたんですよ。200人雇って、営業もされていましたしデザインも自分でしていました。問屋がこういうのを作って欲しいっていうのを持ってきてそれを作るのが普通のメーカーなんですけど、師匠は問屋に向かって自分のデザインしたものを持って行ってたんです。それで自分で数千個とか数万個単位の仕事を取ってきて、それを1年かけて200人体制で作っていくっていう感じでやっていたみたいですね。その仕掛けも全部師匠1人で回していたので、鞄作り以外の経営面に関する知識も尋常じゃないですね。だからやっぱり普通と言ったらあれですけど、僕とかだったらこんなことしないなっていうことを率先してやられている方なんで、近くで見ていてすごく勉強になります。

職人としての取り組み
ここに来たらなんか面白い鞄がある。そんなブランドです。

現在のお仕事の内容を教えてください。
「かばんばか」っていうブランドで鞄を作ってて、これは僕が立ち上げた個人のブランドです。

ブランド名「かばんばか」の由来をお聞きしてもよろしいですか?
逆から読んでも。。(笑)っていうのと心情的な部分で、仕事を辞めてまで鞄作りたい!って思ったくらいに "ばかばかしくなるほど" 鞄作りが好きだという思いも込めています。また、ロゴがカバになっているんですけど、カバみたいな鞄を作りたいと思って作った新作がこの「カバック」です。

可愛い!カバの愛らしいビジュアルがモチーフになってるんですね!
これも自分で最初から設計して作ったんですよ。既成の型と違うものを作るのってけっこう難しいんですけど、僕自身いろんな鞄を作ってる間にこういう見たことのない鞄も作れるようになったって感じですね。

機能面でもこだわりがありそうな感じがプンプンします。。
そうなんです(笑)これ実はめっちゃ使い易いんですよ。リュックサックって、背負ってたら財布を出すときに全部降ろさないとダメじゃないですか。それをしないために、片腕を外すと脇の下にファスナーが来るようになってて、そこに財布を入れたりできるポケットがあるんですよ。中にもファスナーポケットがあるんですけど、外のファスナーが全部開くようになっているので、背負いながらでもそこからパスケースとか名刺入れをすぐ出せるんですよ。電車乗ってるときに本読もうと思ったときに本パッと出せたりとか。だから機能的にもめっちゃ使い易いんですよ。ていうので、ただいまご愛顧いただいております(笑)
ちなみに、これファスナー開いたらカバの口みたいに開くんですよ。裏地も付けてて(オーダーメイドで裏地を選べるそうです)、この裏地を付けるのがまたものすごい難しくて。裏地をつけてさらに芯材も入れてるんですよ、型崩れしないように。背中のところはクッション材になってます。だからフィット感もありますし、後ろをナイロンにすることによって通気性も良いんですよ。こういうシンプルだけど機能的で、今までになかったような形をどんどん作っていきたいなっていうのを今は思っています。

販売はどこでされているんですか?
ほぼインターネットですね。あとは、この間も西野さん(キングコング)のトークイベント行ってきたんですけど、前で5分間スピーチをできるチケットが売ってて、そこで喋ったときに知り合った方に買ってもらったりとか。だからほとんどお店には置いてもらわずにインターネットで販売する感じでやってますね。

それはあえて販路を限定しているんですか?
そうですね。百貨店に置いてもらっても手数料とかで4割くらい取られるんですよ。4割も取られたら生きていけないじゃないですか(笑)。あと、同じような品質で、価格を抑えられたものを消費者の方に届けられたら、お互いに良いと思っています。まあでも百貨店で売っているっていうブランド力みたいなのがあったら良いとは思うんですけど、逆にそことの取引がなくなってしまったときに自分がやっていけなくなったりとか、やっぱりこれから鞄を作って生活していくって考えた時に、今まで鞄職人がやってたやり方じゃないやり方をしていきたいなと思ってて。そういうのもあって、今は個人で売っていこうと思ってます。

この記事が気に入ったらシェア!しよう